<< エクストリームオーダー(スタットスパイク) | main | vs 滋賀(応援TV) >>

横とじダブル【グラブオプション】


先日に引き続きましてオプションで選択できるポケットスタイル“横とじダブル”の紹介です。

現在の主な野手用グラブには、ほとんどがこの“横とじダブル”が使われているほどメジャーな綴じ方ですが、芯を見てもわかる通り、基本的な機能としましては、前回紹介しました“横とじ”と同じです。

 ⇒横とじはこちら

では何故“基本”・・・がつくのでしょうか。

それはズバリ“横とじ”と“横とじダブル”だと感覚が違うからなのです。

説明としては“これ!”って説明が出来ないのですが“横とじ”は土手がキレイに湾曲するのに対し、“横とじダブル”は土手部分の芯に穴を空けそこに革紐と通すため紐を通した部分は曲がりにくく段階的に湾曲します。

・・・が、ここも買ったばかりの時の感覚が大きく、使い込んで革紐が柔らかくなると馴染んできたりしますが。。。

また、購入時に土手の革紐を見て貰えばわかりますが、土手の革紐に使われている革紐の厚みによっても印象が変ってきたりもします。

そんな感じでハッキリとした正解は言えませんが、意外と横とじシングルとダブルは感覚が違うという事なのです。

参考までに自分はがオーダーする時は、シワが寄りにくく、キレイに湾曲するので“横とじ”を使いますが、革紐カラーを本体色と変える場合なんかには見栄えがするので”横とじダブル”を使ったりしてました。

ハッキリとした正解をご存じな方がいましたらご一報ください(笑)
CEO * 開発日誌 * 12:48 * - * -
このページの先頭へ
Copyright (C) BEBRAND All Rights Reserved.