プロプレグラブ・シューズ袋リニューアル!


グラブのプロプレシャス、スパイクシューズに付属している収納袋(ナイロン製)をリニューアルしました!

今日から発送、または受注分よりこの収納袋が付属します。

普段はメールや電話で発注のやり取りをしてサンプルが上がってきてから、ああだこうだ詳細を詰めますが、今回は袋や生地、印字サンプルなど直接お会いして打ち合わせしたので納得の仕上がりです!

ただ・・・生地素材サンプル、紐素材、シルクスクリーンカラーの種類が豊富すぎて、逆に迷いまくって決めるのに相当時間がかかるという・・・(^^;

皆さんもこんな感じでオーダーグラブやシューズで迷いまくるんだろうな。。。と体感しました。笑

この収納ですが、写真だとブラックに見えますが、それだと芸が無いのでダークグレーにしています。黒と迷ったあげく生地は若干明度をあげたグレー、紐ブラック、ロゴは目立つホワイトでサンプルを作ったところ、これがなかなか良い!そしてBEの顔であるロゴをめいっぱい大きく入れたのでかなり目立ちます。

みなさん、是非この収納袋を使ってもらい宣伝よろしくお願いしますm(__)m

ちなみに余談ですが、このナイロン製の収納袋には注意が必要で、普段は雨に強い特性を持ちますが、逆に雨の日に使ったシューズやグラブをそのまま入れ、てっきり忘れて1週間後に取り出してみたら、スパイクなら歯が錆び、グラブならカビが・・・という大惨事になりますので、無いとは思いますが道具のお手入れはマメにしましょう!
BE * 開発日誌 * 15:03 * - * -

秋季長野県大会

本社のある長野県の北信越地区高校野球県大会ですが、先ほど“東海大諏訪 vs 上田西”の3位決定戦が行われ、東海大諏訪が勝利し、これで長野県からは“上田西・松本第一・東海大諏訪”の3校が北信越大会に出場が決まりました。

 ⇒秋季長野県大会の詳細はこちら(高校野球.Online)

北信越大会の枠は2つ。ここから北信越5県の強い高校が登場してきます。

決勝まで残るには、夏の大会で長野県を制するよりはるかに難しいのがセンバツです。

主役の入れ替わった新チームは必見です。北信越大会も楽しみに応援したいと思います。
※写真は“高校野球.Online”より
BE * 高校野球 * 12:21 * - * -

秋季東京地区高等学校野球大会

春のセンバツ大会を目指し熱戦が繰り広げられた東京予選ですが、昨日本大会の組み合わせの発表がありました。

 ⇒組み合わせ・その他詳細はこちら

結構いい感じに、ばらけた印象なのでベスト16からの神宮決戦が盛り上がりそうです。

日程は各チームの選手など細かく載ってますので応援に行く際にチェックしてみてください。

この辺から応援合戦も過熱しますので、各学校の応援を見に行くだけでも白熱します。

予選は雨でやられたので本選は雨にあたりませんように...

BE * 高校野球 * 14:19 * - * -

折ベロの謎・・・

このBEブログでは“野球TIPS”というカテゴリがあります。

野球TIPSでは、この業界や専門でやってるからこそ把握できるちょっとした豆知識を紹介しています。

ネタは沢山持っていますが、まとめるのが面倒なので頻度は少ないのですが参考になりますので是非覗いてみてください。

 ⇒過去の野球TIPSの記事はこちら

という事で久々のTIPSで取り扱う表題はこちら!“折ベロの謎・・・”に迫ります。

最近姿を消している“折りベロ”スパイクですが、金足農の吉田投手が履いている事で若干話題になりましたが、ではこの折ベロって何の意味があるのでしょうか?

折ベロで言うと、元読売巨人軍の長嶋選手の印象が強いですが、そもそも昔は折りベロのスパイクしか存在しておらず、選択の余地が無かった...というのがあります。

機能や効果としては、スライディングの時にベロが立って足の汚れや砂が入るのを防ぐ説や、スライディングの時に紐のほどけるのを防止する説、プロなど折ベロに名前や背番号が入れられてカッコイイなど、色々言われていますが、実際折ベロスパイクを使った体験談としてはスライディングの時にベロが立つ事もありませんし、立ちベロだからと言ってスライディングで紐がほどける経験もなかったです。自分の中では完全にお飾り・・・的な意味で捉えておりました。

なのでBEブランドのシューズとしては折ベロの選択肢を省いているのですが、定期的に折ベロの問い合わせもあり、その時には気にも留めていなかったのですが、ある野球人とスパイク談議をしていた時に“折ベロ”の必要性があるポジションってのを聞いて、ハッ!としました。

そのポジションはズバリ、キャッチャーなのです。

キャッチャーは座っている事が多く、今時の長い立ちベロや、クッションの入った厚いベロだと座った時に邪魔...であったり、立ちベロが使っているうちに折ベロに...というお話を聞きました。

そういう意味だと、BEオーダーは何故か捕手からの依頼も多く、その辺だったのかと納得。

そんな事もあって最近は高校野球の試合で捕手をチェックしたりしてますが、確かに捕手の折ベロ使用率は圧倒的に多いですね。

BEの野球道具は自分の経験から多くを取り入れて開発してまして、一塁手と捕手はちゃんとやった事がないので、この辺が盲点となりました。

やはり色んな環境でやっている選手や色んなポジション経験者と談議を重ね、まだまだ改良していく必要があるなぁ...と勉強不足を再認識。。。

ただ...うちのシューズはマークが直刺繍なのでオリベロに入れると刺繍の裏が全部出てしまうのですよね。。。(^^;

そうなるとマークをラベルにする必要があるのか?

とか、折ベロ対応の課題は満載なのでした。

※野球TIPSは、私個人の見解ですので参考程度に見てください。
BE * 野球Tips * 10:23 * - * -

刺繍マシン導入!


前々からもの凄く欲しかった業務用刺繍マシンを導入しました。

パソコンを使ってデザインも自由自在なので、色々と遊んでみましたが非常に楽しいw

以前、これの家庭用を使っていましたが、やはり機能やパーツが刺繍専用という事で、さすが業務用!クオリティーが全然違う...それに比例するかの如くお値段も5倍(^^;

ちょい縫い方とか、下糸の打ち方とか色々とキレイに縫うコツがあるので、その辺を検証してました。

プロプレのラベルは、こんな感じで左右の色変えても面白いのかな?とか試作したりしてまして、今は立体刺繍のテスト中です。

立体刺繍は下にウレタンを敷いて起伏を出すのですが、これがなかなかキレイに仕上げるのが難しい...

そんな感じの刺繍マシンですが、使いこなせるようになったら、付属のグラブやシューズの収納袋への名入れのサービスでもしようかな...

と企んでたり。

BEブランドではオリジナリティーを重要視してますのでそんなんも有ですかね。
BE * 開発日誌 * 10:15 * - * -

ビーイーライン ハイカットオーダー

ビーイーラインのハイカットオーダーです。

ハイカットとは、クオーターカットの型をベースとして、さらに足首周りのクッションパーツが覆う形ですので、足首に不安がある選手なんかにはおススメです。

このカットは実際履いてみると、結構足首が締まる感じで足首のサポートをする意味では良いのですが、やはり機動力を求めると、若干足首の動きが制約されるため多少の違和感も出てしまうのですが、そこはトップマジックを締めたり緩めたりで多少回避できます。

その辺を含めても、このシューズは良く出来ています。

このシューズのカラーリングもなかなか斬新で、赤×黒×白の3色がバランス良く入っているので迫力があります。

またマークとサイドラインのメインカラーと縁カラーを合わせる事でガチャガチャした印象を回避できるのでスマートに仕上がります。

カラーの参考にしてみてください。
BE * オーダーシューズ * 09:54 * - * -

オーダー木製バット

BEブランドのバットが登場して約3カ月。BFJ規定やらオーダー受注システム等、初めての受注対応にバタバタでしたが、やっと慣れて来ました。

・・・と言いながら、今日ミスしてしまったのですが。。。(^^;

その内容はと言うと、BFJ硬式木製バットのシデオーダー(オールブラック)の注文をいただきまして、お見積と画像を作ってお客様に間違いないか確認してもらい、入金(オーダーについてはキャンセル回避のため前金受注です)を確認しまして、いざ作成のため、最終チェック〜

・・・ん?

シデでオールブラックのBFJは大丈夫だっけ???

 ⇒BFJカラー規定

うっ!シデとメイプルはオールブラックダメだった。。。

この不可解な規定を忘れていた。。。(^^;

本当にNGなのかネットでBFJの木製バットを検索してみると、見事に存在していない。。。画像を閲覧してみると、あるじゃん!!!と詳細を見てみるとブラウン。。。今度こそ絶対オールブラック!!と思ったら軟式・・・本当にダメみたいだ。。。(当たり前だけど)

という事で、現在お客様には謝りましてBFJ規定をお伝えしての返事待ち状態。。。(^^;


アッシュと青タモはオールブラックはOKなんだよな...この辺の納得する理由を頭に入れないと、また同じことをしてしまいそう。。。

って事で、新参バット事業でまだまだご迷惑をおかけしている状況ですみません。。。m(__)m

そんな長い前振りをした所で、今回オーダーしてくれたこの木製バットは学生さんの素振り用でして、グリップ赤と遊び心満載です。

硬式ですがBFJ非対応カラーなのでマークは入っていません。

BFJ対応バットは、オーダー来てもアップ&紹介できないのですよね。。。カラー規定により色がほとんど一緒なのでw

なのでこういった遊び心のあるカラーバットは紹介ネタとしても最高です!笑

斬新なカラーバットのオーダーお待ちしております!
BE * オーダーバット * 10:03 * - * -

BCリーグ選抜戦 動画&解説


2018年のBCリーグ選抜戦は観戦記としてブログにまとめたので完結したつもりでしたが、ここに来て選抜戦の動画をユーチューバーの方が取材をしてくれていたとの情報を得て見てみたのですが、非常に詳しくわかりやすかったので紹介します。

 ⇒BCリーグ選抜戦<前編> ----- 試合前練習〜注目選手など

 ⇒BCリーグ選抜戦<後編> ----- 試合〜その後

この動画を見て思ったのは・・・

この時期にこんなにスカウトが見に来ているものなのか...という事。NPBのドラフトは10月25日(木)のため、候補者は、ほぼリストアップされているでしょうし、この試合だけで判断できるものなのか...

ただ育成枠がある事で、NPB側も武器を持ってる選手を取りやすくなっているでしょうし、決めかねている選手をここで最後の見極め・・・はたまた今後に向けて目を付けておく・・・などなど色々な意味がありそうです。

BC観戦新参者の私としては、BC選抜はお祭り的な?最後にレベルの高い選手で結成し、NPBチームに挑戦しできる試合!みたいなノリで見に来ましたが、ここはまさにNPB入りのために自分を売り込む場なのでした。
チーム側としても、NPBに最も近い選手を送り出したり、選手側も最後にここでアピールしたい!など裏では色んな動きがあり、ここに集結していたのです。

そんな重要な試合に、平日&雨が降りそう?さらに告知が前日という事もあって関係者は多かったのですが、観客がかなり少なかったため、超特等席で見れて満足でした!選手との距離が近かったのが何よりの収穫!!

そんな選手の目の色の違ったこの日の動画を是非ごらんください!
BE * 独立リーグ * 09:28 * - * -

ビーイーライン ウルトラマンカラー?


ビーイーラインクオーターカットの革底スパイクです。

このスパイク上がってきて、見た瞬間1にも2にも“ウルトラマン”を想像しちゃいましたが、全体色はシルバー、メッシュやベロ、カカトなどはレッドを使った、カッコよくもあり迫力のあるオーダースパイクとなっています。

全体色でシルバーを使ったスパイクは、実際公式戦で知人が履いていましたが、思ったよりも派手派手しい印象を受けなかったので、全然有りのカラーリングなのです。

シルバータイプのスパイクを検討していたら是非お試しください!

まぁ、実際にオーダーするとなると勇気がいりますが...(^^;
BE * オーダーシューズ * 12:32 * - * -

秋季東京都大会 本大会

現在全国各地で熱戦が繰り広げられている秋季大会ですが、この大会は春のセンバツに繋がるだけに重要で、さらに3年生が抜け部員も少ない中での戦いのため投手力が重要な大会でもあります。

隙があらば見に行こうと思っている東京都大会ですが、やはり強豪校が残ってきてますので、これは本大会が盛り上がりそうですね。

東京都大会は、10月1日(月)に組み合わせ抽選会、順調に日程が消化されれば決勝戦は11月4日(日)に行われます。

現在も東京大会地区予選の真っ最中で、予選は入場料無料なので是非、お近くの新チームを見に行ってみてはいかがでしょう?

 ⇒秋季関東大会の詳しい案内・結果等はこちら(高校野球.Online)
BE * 高校野球 * 09:20 * - * -
このページの先頭へ
Copyright (C) BEBRAND All Rights Reserved.