職人さんと打ち合わせ


色々と仕込んだプロト版が上がってきたので、グラブ職人さんと打ち合わせをしてきました。

やはり明確な答えとプライドを持った職人さんと議論するのは非常に楽しい!

毎度、時を忘れて話し込んでしまうのですが、色んな知識と改めてやる気(やる気はあるので更に...笑)が増して凄く刺激を受けて帰ってまいりました。

その中で出て来た情報を少し...

ズバリ!最近の人気カラーベスト3です。

時代や人気選手の影響が大きいのですが最近の高校生の好みを聞いてきたところ・・

☆1位 ⇒ レッドオレンジ

やはり根強い人気ですね。最近はいいのか?と思うくらいほぼ赤?と思わせるオレンジが出てきたりしますが、情熱の赤(赤はダメなのでレッドオレンジ)って事で人気みたいです。

☆2位 ⇒ ブラック

時代に関係なく安定したブラック・・・らしいです。個人的にも一番締まって好きなカラーなので毎度定番に入っております。

☆3位 ⇒ コルク

ここは正直ビックリだったのですが、確かに最近よく見かけるなぁ・・・と思っていたコルク(タンとも言う?)の人気が出てきているみたいです。自然な革色に近いので色落ちもそれほどなく、使い込んでいくと味が出るので確かに面白いカラーではありますね。

そんな感じで正直3位に入ってくるのはイエローやレモンイエローかと思っていたのですが最近だとイエローはあまり出ないらしい。。。

もちろん全グラブデータを取っている訳ではないので体感的なものですが、こういう時代の流れを常にアンテナ張って収集する事は必要なので大変勉強になりました。

そして、その他にも、最近よく相談される“グラブの色落ち”についても私の持っている知識は大前提としてその他の知識なんかも情報いただいたので、それはまた次の機会に“Tips”あたりで特集したいと思います。

まとめてグラブオイルの知識なんかも一回発信しようと思ってましたが、なかなかまとめるのが面倒で先送りになってました...

そんな感じで職人さんと日々色々改善改良、そしてまだ出せない情報など色々ありますので日々ブログをチェックしていただけたら幸いです。
BE * 開発日誌 * 12:01 * - * -

信濃グランセローズ スタッフ決定〜

グランセローズの2019年メンバー発表がありましたね。

 ⇒メンバー2019 はこちら

お世話になっている“名取・山本・船崎・保田”選手も健在で安心しました。笑

しかし、去年と比べてガッツリメンバーが変りましたね・・・(^^;

去年のレギュラークラスがごっそり入れ替わる・・・これがBCリーグなのですかね。これは春先からチーム作りが大変だ。。。(^^;

ここは新監督の地元出身“柳沢”さんの手腕に期待!w

他、個人的に注目してるのは、キッセイの剛腕“伊藤”投手、ウェルネスの大砲“赤羽”選手がどれだけ通用するのか興味深々、あとやっと“佐久長聖”の選手が入ってくれたのは嬉しいですね。

去年は全く知識のなかったBCリーグですが、今年は知識の準備もバッチリです!

3月からは選抜高校野球も始まりますし、いよいよ野球シーズン到来ですね〜
BE * 独立リーグ * 12:04 * - * -

センバツ高校野球 2019


今年の選抜高校野球出場校が決まりましたね。

個人的には長野の代表校が選出されていないのが悔やまれますが、今期は応援している高校がいくつか選出されまして勝手に盛り上がってます。笑

1日経って、選抜のページが色々出てますね〜

その中でも、情報が細かく、考察なども面白かったのでこちらを紹介!

 ⇒「2019選抜甲子園」出場校、注目選手紹介(野球と僕と時々投資)

新聞社の評価なども出てまして、星稜、竜谷大平安、筑陽学園が一つ抜けている感じかな?

やはりAAA評価のチームには好投手がいる感じですかね。

大会までに沢山情報を集めて盛り上がる準備をしたいと思ってます。笑
BE * 高校野球 * 10:08 * - * -

昨年の新投入“シデ材”バットの耐久性。


昨年より『プロプレ』ラインナップに加わった木製バット(BFJ)ですが、折角作るなら少し面白い試みを…
という事で、職人との間で出て来た“耐久性と反発力”に優れた北海道産シデ樹木を投入。

練習量・公式戦共に多いBCリーグの選手に、メイプル・ホワイトアッシュ・シデを打ち比べてもらいまして、圧倒的に打った感触が良い!と評価されたのが“シデバット”でした。

数字が全てのBCリーグにおいて、最終的に選手達がシデバット選んで使ってくれている所を見ると、その評価も納得できます。

このブログでもシデシデ言った影響もあってか、社会人・大学・マニア?などからもオーダーをいただき順調に見えたのもつかの間(笑)その耐久性を疑う出来事が続々と・・・w

その出来事とは・・・信濃グランセローズの33番、船崎星矢(元U-15日本代表〜松商学園)選手が公式戦でバンバン折るという事件が発生!!

シデの耐久性って???(^^;

2本目までは報告もらってましたが、3本目は流石に申し訳ないと思ったのか、観戦に行っていた知人より

1打席目にBEのバット折ってたよ?

と情報をいただくという。笑

その後はメイプルを使って、全く折れなかった所を見ると、やはりメイプルほどの耐久性はないらしい。

そして今期に使うバットを船崎選手から注文を頂き、色々と話しましたが、やはり試合ではシデを使いたい!という事で練習はメイプル、試合はシデという構成になるようです。

あっ、それも有ね・・・って感じで納得してしまいましたが、新材のシデバットはメイプル並みの耐久性とまでは行きませんが、ホワイトアッシュよりははるかに耐久性があり、そして船崎選手以外は折った・・・と言う報告も聞かないので今期も更にデータを取ってみようと思います。

実際、試合で彼のスイングを見た印象は、パワーで振り切る強引な?メジャー選手に近いスイングなためもあるかもしれませんね。

同じくグランセローズの“しなり”で飛ばす山本選手は全く折ってませんし。笑

そんな感じでBEの野球道具は作るだけではなく、実際使用したフィードバックを基に開発もしていますので、日々進化していく・・・そんなブランドでありたいと思って日々がんばっています。

今年は“船崎星矢”選手が何本バットを折るか注目です!笑
BE * オーダーバット * 13:13 * - * -

女子硬式「ハナマウイ」

※写真はスポーツ報知さんより抜粋

本西さんの去就が発表されましたね。

昨年、信濃グランセローズ繋がりでお付き合いするようになったので注目してましたが、同じく野球指導者という事で今期は社会人野球という楽しみも増えました。

 ⇒女子硬式「ハナマウイ」の記事はこちら(スポーツ報知)

社会人と言えば、金ちゃん球団である“茨木ゴールデンゴールズ”を以前は良く見に行きましたが、これを機に再び社会人野球も注目してみたいと思います。

そして“ハナマウイ”???

全く知識がなかったので少し調べてみました。

 ⇒Hana Maui についてはこちら

ハワイをイメージした日帰りの介護サービスを提供してるようですね。なかなか各事業所の空間が素敵です。

今後は男子のクラブチーム創設も予定しているようで、本西さんには、まさにうってつけなポジション!!

そして・・・本西さんより依頼を受け、只今“秘密兵器”を製作中です。笑


※以前作らせていただいた監督用グラブ
BE * 社会人野球 * 10:21 * - * -

パートナーショップ“ミナトスポーツ”様


 “BASEBALL ONLY” ・・・

そんな拘りの看板を掲げた静岡にある“ミナトスポーツ”様が新たに加わりました。

 ⇒ビーイーブランド取扱店一覧はこちら

ミナトスポーツ様は、何を隠そういち早く“ビーイーブランド”に注目してくださったお店であり、代理店とのお付き合いのイロハを叩きこんでくださった大切なパートナーショップでもあります。

長年、野球道具を取り扱ってきた経験によりメンテナンスもバッチリ!そんな拘りの店内を是非覗いてみてください。
BE * パートナーショップ * 10:49 * - * -

オンラインカタログ


現在、ネットショップで販売中の2019年モデルのオンラインカタログをPDFでアップしました。

 ⇒オンラインカタログはこちら(46.1MB)

こちらのカタログは代理店でも入手可能です。

定番品はリーズナブルな価格設定となっておりますので、ビーイーが気になっている高校球児の皆様...是非!m(__)m
BE * 開発日誌 * 14:50 * - * -

BEキャッチャーミット〜プロト版〜


ビーイーブランドのキャッチャーミットの試作版(過去作)です。

ブランド立ち上げ当初、キャッチャーミットで色々悩んでまして、正ポジションではない私はミットを追及したくて捕手をやったりバッティング練習やブルペンでボールを受けたり...

初期のミットがしっくりこなくて悩んでいる中、ある職人との出会いが、そんな悩みを一変させます。

そのプロト版のミットがこれなのです。

本職じゃないので説得力にかけますが、何と言うかポケットが深く、また芯の厚みが絶妙...感動したのを覚えています。
現在はそこから更に進化して、コンパクトでそこそこ軽量、そして耐久性を追求したのでガチガチの最高なミットになっております。

そして当ブランドのミットを担当していただいている訳ですが、年末にBEミットを使ってくれている、お客様に会う機会がありまして、本人は各社のミットを沢山持っているほどの無類の道具好き・・・そんな彼が

“BEのミットは何と言うか上手く言えないけどキャッチャーがわかってる人が作っているミット”

と表現してくださいまして、決してお世辞を言うような間柄ではないので、ストレートに受け止めまして嬉しいものがありました。

なかなか、ミットは各メーカーに癖があったり大きさや柔らかさ、芯の厚みなど好みがありますのでネットで注文しづらいポジションではありますが、是非捕手の方に触って欲しいのですよね・・・

今年は代理店さんでの取り扱いも始まり、学校周りも徐々にやっていこうと思いますのでミットの良さをアピールできたらと思っております。
BE * 開発日誌 * 15:10 * - * -

リストバンドへのオリジナル刺繍


やはりリストバンドは柔らかく厚みがあるので、そのデザインによっては範囲が小さく潰れてしまったり刺繍難易度的には難しい...

今回は無理やりオリジナルを受けてしまいましたが、安定したクオリティーを出すには、ネットショップでお受けしているネーム刺繍と背番号のみ!

って事を再確認しましたのでオプション刺繍は改めて“ネーム+背番号”に絞ります。。。(^^;

 ⇒リストバンド購入はこちら
BE * アパレル * 15:27 * - * -

オリジナル刺繍

去年あたりは“オリジナル刺繍”を結構やりまして、限られた範囲内で客様の希望の刺繍を落とし込むかがなかなか難しく、刺繍なので細かい模様だと潰れてしまったり、下地(革色)との色の兼ね合いなどを理解していただきながらデザインデータに落とし込む作業はなかなか時間がかかります。

もちろんお客様によって、バッチリデザインされたイラストであったり、イメージ的なものであったり、ノープラン(完全おまかせ(^^;)だったりと様々です。

そして現在手掛けてるものがありまして、私としてもまだまだ知識不足のため、直接グラブに刺繍を入れていただいている職人さんと色々お話させていただき刺繍の得意不得意の体験談を聞かせてもらいました。

刺繍マシンは色々と最近触っているので、基本的な知識はわかっていたつもりが、革に入れる刺繍となると、なかなか勝手が違うんだな...っと色々勉強させていただきました。

グラブが完成する上で、グラブはもちろん、刺繍職人さんの拘り、その他色々な技術が集結して作られる日本製オーダーグラブ、結構手間暇かけて丁寧に作っているのですよね。

そして完成したグラブは我が子を嫁に出すくらい?1つ1つ思い入れがありながら発送しています。笑

たまに、購入してくださったお客様より、こんな感じになりました!的な報告やら画像やらが送られてきますが、意外にも事細かくバッチリ全部覚えてたりします。

あ、このグラブはこういう希望があってこうやった・・・とか、このグラブでもらったヒントが後々の改善に役立ったとか。

そんな感じで、毎日誠心誠意、魂を込めたグラブを日々作っていますので、なかなかオーダーは時間がかかってしまい申し訳ありません。

仕上がりを楽しみにお待ちいただけたらと思いますm(__)m
BE * 開発日誌 * 12:04 * - * -
このページの先頭へ
Copyright (C) BEBRAND All Rights Reserved.